MENU

加齢から緊急性のあるものまである、耳鳴り

左だけの耳鳴り原因の病気の可能性として、いくつか考えられます。
高音の耳鳴りの症状がある場合は、注意が必要で、危険性の高い病気を示していることもあります。

 

 

その耳鳴りについては、耳の内部、内耳や、聴覚神経に異常があり、その信号が脳に送られてしまった場合に起こりますが、耳鳴りを引き起こす病気には、老人性の難聴、脳梗塞や脳腫瘍などの脳疾患、自律神経失調症などの疾患が関わっていたり、ストレスや疲労が原因となることもあります。
ます、病気にかかわる耳鳴りでは、老人性難聴の可能性が挙げられます。

 

 

老人性難聴の左耳鳴りとは、初期の症状として、左耳に、高音の耳鳴りがする、という特徴があります。

 

 

その他には、脳腫瘍が原因となって、耳鳴りが起こることもあります。

 

脳腫瘍の左耳鳴りとは、耳の、片側の前庭神経にできる腫瘍が原因で起こる耳鳴りで、症状が長期に継続していて、治らない場合に、その腫瘍ができていることが発見されることもあります。腫瘍自体は良性であることも多いです。

 

 

また、自律神経の乱れが耳鳴りの原因になることもあります。

 

 

自立神経からの左耳鳴りとは、自律神経失調症が原因となって引き起こされる耳鳴りです。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスがくずれて起こる疾患です。自律神経のバランスが崩れると、耳の、音を感じ取って、認識する部位である、感音系と呼ばれる部分に影響を与え、耳鳴りを発生させることになります。

 

 

それぞれの疾患が原因となる耳鳴りの治療についてですが、老人性難聴の左耳鳴りと、自律神経からの左耳鳴りに対しては、薬剤の内服が有効であることも多いです。

 

 

脳腫瘍の左耳鳴りに対しては、腫瘍が原因であるため、やはりその腫瘍自体を取り除くことが、耳鳴りを治療する、一番の方法となります。
耳鳴り、特に片側だけの左耳鳴りの原因には、様々な疾患が関与していることが多いですが、まずは、原因となっている疾患を早期に発見して、治療していくことが重要になります。