MENU

突発性難聴の耳鳴りの可能性

右だけの耳鳴りなどのように片方だけの耳鳴りが発生している場合、突発性難聴になっている可能性があります。

 

突発性難聴の耳鳴りとは、風邪のようなウィルス性の病気にかかった際にそのウィルスが耳に移動する事で発生したり、耳の内部にある内耳で循環系の障害が発生が原因で起こる症状です。
どちらの原因も疲労やストレスなどによる体調不良で起きやすい症状なのでストレスの少ない生活を送るようにすることで症状の発生を防ぐ可能性が高くなります。

 

 

初期症状では片側の耳鳴りだけだったのに、ある程度してからもう片方の耳にも耳鳴りが発生して、左右の聴こえ方が違うといった状態が起き、耳鳴りと同時に難聴や目の前がぐるぐると回るような感じの目まいが頻繁に発生するような場合は、突発性難聴ではなくメニエール病と呼ばれる病気にかかっている可能性があります。

 

メニエール病の耳鳴り

メニエール病は原則めまいと難聴と耳鳴りが同時に発生しますが、まれにめまい以外の症状のみが発生するだけのものもあるようです。
このメニエール病は耳鳴り原因が何になるかはまだわかっておらず、治療も難しい病気で、罹患した患者は立つことが難しくなったり、寝たきりになったりする事もある日常生活にまで影響を及ぼす病気なので、目まいを伴う両耳の耳鳴りが発生するようになったらなるべく早く医師の診察を受けるようにしましょう。

 

 

耳鳴りを伴う病気にはこれ以外にもいくつかあり、耳鳴りの音のなり方である程度の分類ができるようです。
例えば鼓動の鳴動のような耳鳴りが続く場合はバセドウ病や高血圧症を患っている方に多くみられるなり方です。

 

 

継続してキーンという平坦な音が鳴り続ける場合には先ほどのメニエール病や突発性難聴のほかに外耳炎や中耳炎の可能性も考えられます。
高音の耳鳴りが発生した場合、突発性難聴や脳梗塞が発生する前のシグナルである事も考えられます。
病気での併発以外の耳鳴りの原因としてはこれ以外にも、噛み合わせが合わない事や肩や首のコリ骨格の歪みなども考えられます。"